読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

undefined

bokuweb.me

WEBサービスをリリースして一ヶ月が経過したのでアクセス数・収益など経過報告や反省点など


前置き

こんばんは。以前以下の記事で告知したWEBサービスが公開後一ヶ月を経過したので、経過報告や反省点を記載しておきます。こうした記事を書くのはPRの意味もありますが、一番は僕自身が公開された他のWEBサービスのアクセス数だとか運営状態などが非常に気になるからです。同じようにあのサービスどうなったんだろう?って思うかたの参考になればと思います。みんなもWEBサービスの経過報告じゃぶじゃぶ書こうぜ!

【WEBサービス】youtubeを使った音ゲー×タッチタイピングサービスを作ってみた【つくってみた】 - ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶさーびす

どんなサービスだっけ?

youtubeの動画を元に音ゲー感覚でタイピングを練習できるサービスです。「これじゃタイピングは上達しねーよ!」って声もありますが、それももっともかと思っています。ええ。

無料タッチタイピング音ゲー typebeatscloud

アクセス数

f:id:bokuweb:20150201092254p:plain

  • UU 10,756
  • PV 77,007
  • 直帰率 22.67%
  • 平均セッション時間 4:32
  • ページ / セッション 5.83
  • 新規セッション率 80.81%

 PVとしてはいろんなメディアに取り上げていただいたおかげで自分にしては上出来かと思っています。(取り上げていただいた皆様本当にありがとうございました。)ただ、この数字はリリース月の数字であって、今後どんどん落ちていくことが予想されるので対策がひとつの課題です。

 直帰率、ページ / セッション、新規セッション率についてもいい数値ではないかと思っています。この数値はこのような形態のサービス特有の数値な気もします。ブログではなかなかみれないんじゃないでしょうか。

新規セッション率に関連してですがリピータをいかに確保していくかが今後の課題となりそうです。

ならんでもう一つの課題は「検索流入をいかに上げるか」だと思います。検索流入は現状以下のような感じですが、なかなか上げるのが難しいんじゃないかと思っています。最近のロボットはJSも読むらしいですが、そうは言っても今のtypebeatsの作りからいくとロボットからはコンテンツがほぼないサイトに見えてるんじゃないでしょうか。これ大きな反省点ですね。

対策としてはコメントやフォーラムを設けて検索エンジンの好きそうなコンテンツを検討することでしょうか。

f:id:bokuweb:20150201101215p:plain

来月の目標はとりあえず、7000UU/50000PVでしょうか。現状1500PV/日をうろうろしてるので2000PV/日くらい安定してでたらいいですね。

サイトの利用状況

  • 投稿譜面数 109(自分の要項含む)
  • 登録ユーザ数 1096

サイトの利用状況はこんな感じ。非常にありがたい数字だと思っています。登録・投稿していただいた皆様、ありがとうございました。

特にユーザ数には驚きました。やはり個人でサービスを展開するにはOAuthは必須という感じですね。 ちなみにtwitter : YAhoo : Googleの登録比は5 : 3 : 2となっています。yahooが思ったより多かったですね。

反省点としては譜面作成機能のしょぼさですね。こんなに譜面作っていただけると思っていなかったってのもあって、譜面作成機能はかなりひどいことになっています。早いところ強化しなきゃです。もっと編集機能を快適にすれば作ってくれる人をもっと増やせそうです。

この辺り大きな反省点なんですが、自分の場合は趣味で開発をやっている場合、理想を追いすぎると何時までたってもリリースできずに先にモチベーションが枯渇するってことが大いにあるので、この辺りは適切な妥協ラインを決める必要がありそうですね。(さくさくっと思い描くように実装できてしまう人は妥協する必要ないですが・・。)まあ、上記は妥協ラインを思いっきり誤ったいい例です。

収益

typebeatsはAdsenseのみ貼っています。収益の公開は禁止ですが、巷で言われてるPV / 10 円程度って感じですね。サーバは安いレンタルサーバなのでほぼほぼそのまま利益になっています。 ただ、来月以降半分近くに下がることも予想されるので、ちょっとしたお小遣いって感じですね。 なんとか毎月「黒王号」くらいの技術書が買えるくらい稼いでくれるとありがたいなーって感じです。

WordPressによるWebアプリケーション開発

WordPressによるWebアプリケーション開発

  • 作者: Rakhitha Nimesh Ratnayake,プライム・ストラテジー株式会社(監訳),長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
※ 黒王号。買ったけど1ページも読んでねー。

その他思ったこと

モバイルを考える

プロダクトの性質上避けられないものもあるかとは思いますが、このご時世モバイルに重きを置かないとユーザを取り込めないと感じた。折角、twitterで拡散しても、スマホで遊べない(使えない)ってなるとかなりの機会損失になっていると感じました。

ソーシャルによる拡散を考える

OGPを適切に設定したり、twitterで積極的にフォローまたは拡散してもらうための導線を作ったり、ソーシャルでの拡散をもっと意識するべきだと感じました。もっと力を入れておくべきだったな。

とはいえ公開してよかった

先の「妥協ライン」は十分検討する必要があるにしても公開してみてよかったです。もっとボロクソに叩かれることも覚悟していたけど、暖かい言葉も多くいただきましたし、ありがたいご指摘も多かったです。実際に公開してみて得られたものは多かったし、次のサービス・開発に繋げられそうです。

反省点まとめ

  • SEOを考慮したコンテンツ作りをしていなかった点
  • リリースの際の妥協点を誤った点
  • 性質上、困難な面もあるが、全くモバイルを考慮できていない点
  • ソーシャルでの拡散を考慮してない点

さいごに

大変に思うこともあるけど、基本的には楽しいし、得るものも多いのでやってみてよかった。なんかアイディアがある人はひとまず手を動かしてみたらいいと思う。